ルーレットの種類

カジノサイトにおいて、ルーレットと聞くと「上級者向きのゲームで私には無理!」と思われますか?それとも「ボールをウィールに入れるだけでしょ?」など人それぞれです。「無理」と思われた方は、攻略法のことを言っているのだと思いますが、実は賭け方の攻略法以外に必要なのは「運」だともいえます。

賭け方の攻略法は、ほぼどの種類のルーレットも同じですが、アメリカン、ヨーロピアン、フレンチと、「0」の数が違ってくるのでほんの少しだけ賭け方が変わってくるだけなのです。これら3種類のルーレットの違いを知っておくとますます楽しく遊べるゲームです。

アメリカン

アメリカンルーレットのホイールは連続する数字が対角線上に位置しており、2つのゼロ「0」と「00」、1〜36の数字、合計38個の数字で賭けていきます。アメリカンルーレットのハウスエッジは5.26%と他のルーレットより高めです。「00」が追加されて数字が1つ増えていることから、他のタイプのルーレットよりエッジが高くなっています。

ハウスエッジだけを見てしまうと、アメリカンルーレットで遊ぶのは損をしてしまうような気になってしまいますが、利点もあります。ホイールの数字のレイアウトに法則性があり、保健賭けをしやすくなるため賭けたい数字に賭けやすいのです。ホイール内の「2」の数字の対角に「1」があるので、賭ける際に「1–2」と賭けた時にその周りの数字にも賭けていくことで当たりが出やすくなります。意外と賭けやすいルーレットなのです。

ヨーロピアン

「0」の数が1つであることから、シングルゼロと呼ばれているルーレットです。0を含めた37の数字で遊びます。ヨーロピアンルーレットのハウスエッジは2.70%と低く、勝ちやすいルーレットとして知られています(期待値は97.3%)。数字の数が1つ少ないので、ルーレットテーブル左端のデザインも、アメリカンルーレットと異なります。

ヨーロピアンルーレットではボールがゼロ「0」に止まった場合、アウトサイドである「赤」「黒」「奇数」「偶数」「ロー(1から19)」「ハイ(19から36)」の6つに賭けた金額がすべて没収となります。これを「ゼロルール」と呼んでいます。それぞれのルーレットで、少しルールに変化があるものの、カジノルーレット初心者には、オススメのタイプでもあります。

初心者向けのフレンチ

ヨーロピアンルーレットと同じく37の数字より構成されています。そして、同じく「アンプリゾン」 というルールも存在します。これは、ゼロが出た場合、チップは投入したベット額が保留され、次の勝負で勝利を収めればチップが全額手元に戻り、負ければ没収となります。「賭け金の保険」のようなルールが存在するのです。

フレンチルーレットのテーブルレイアウトは、アメリカンタイプやヨーロピアンタイプとはさらに異なったテーブル配列となっています。ルーレットのホイールを見ることも大切ですが、テーブルを見比べてピンときたテーブルからルーレットを始めてみるのもおすすめです。ヨーロピアンルーレット同様、アメリカンルーレットと比較すると、比較的勝ちやすいともいえます。

ライブディーラー

ライブディーラーとは、1つのカジノサイトのために用意されている個室で待機しているのではなく、ほとんどの場合はランドベースカジノからの中継となっています。ですので、ディーラーの座っている、テーブルの後ろを歩くプレーヤたちの姿が見えるゲームもあります。ライブディーラーとは、カメラのほか音声でもつながっているので、会話も成り立ってしまうのです。

ライブカジノで遊ぶ場合には、「カードを追加しますか?」といった具合に、日本語でスクリーン上で問いかけがあるので、プレーヤーは答えを選択するだけで良いのです。日本語に対応しているカジノサイトのほとんどが、このように日本語で質問を投げかけてきてくれます。他のプレーヤーと並んでゲームをしている場合には、他のプレーヤーとディーラーの会話も聞こえてきたりするので、ランドベースカジノのテーブルに座っているような気分にもなります。